生命保険バイブルへ > 定年退職者の生命保険の選び方

定年退職者の生命保険の選び方

 仕事をしている間は毎月の収入があるので安心だったと思います。

しかし、定年退職した場合には、毎月の収入がなくなります。

今まで働いてきた会社からの退職金や年金のお金から毎日の生活費を支払っていく事に変わります。
生命保険も定職中に加入していた保険内容が本当に必要なのかの見直しをする時期ともいえると思います。

子供がいる場合も定年の年齢になれば子供も独立し養育費などにかける費用は必要なくなりますね。

定年退職後の生命保険の選び方としては、万が一死亡した時の配偶者の生活費やお葬式などにかかる費用や相続に関係する費用を考えておくことが重要なポイントになると思います。


また終身保険でも60歳などで満期の保険では死亡保障が一気に安くなったり医療保障などが亡くなる場合もあるので注意が必要になります。

定年後に今加入している保険を解約して新たに保険に入る場合は生命保険の加入条件などが若いころとは変わっている個所もあるので希望した生命保険会社の商品には加入できない場合なども出てくる可能性があります。

新しい保険に無事加入した後に今までの保険を解約するように注意してください。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。