生命保険バイブルへ > 女性の生命保険

女性の生命保険

 女性の生命保険の選び方 女性の場合は保険に入る場合は条件が大きく分けると思います。

まずは、独身なのか既婚なのかで分けることができます。
次に女性自身の収入がどの程度あるのかに分けることができます。

独身の女性の場合は独身男性同様に万が一の死亡時に死亡保障の必要は少ないので必要最低限の生命保険で十分な保障が補えますね。

また結婚して専業主婦の場合も高額な生命保険に加入する必要は少ないと思います。


万が一の死亡時にお葬式や子供の年齢によって保障額は違ってきますが子供がまだ小さい場合には家政婦などの費用を考える必要があります。

子供が中学や高校になれば学費がかなりかかることから保障額の金額も多少アップして考えなければいけなくなりますね。

また結婚しているけれど女性も家計を半分程度負担している場合は、生命保険の保険金が女性が働いた年収の2?3倍程度の死亡保障額がもらえる生命保険に入る必要が出てくると思いますのでよく保険の種類や保険料を検討して無駄のない保険に入る様にしましょう。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。