生命保険バイブルへ > 既婚者の場合の生命保険の選び方

既婚者の場合の生命保険の選び方

 既婚者の場合の生命保険の選び方 独身の時には生命保険に興味もなく保険に入っていなかった人でも結婚をすることで自分一人だけでは済まなくなりますね。

結婚をして生命保険に夫婦で入る人はとても多いというデータがあります。

夫も妻も働いていたとしても最低限の生命保険には入っておく必要があると思います。

また夫婦でも子供がいる場合といない場合でも生命保険の内容は大きく違いが出てきます。

夫婦共稼ぎで子供がまだいない場合は医療保険と万が一の時にお葬式代くらいの死亡保障がある最低限の生命保険に入れば十分です。


また子供はいなくても相手が専業主婦の場合は扶養義務があり万が一の時の事を踏まえて死亡保障がある程度ある生命保険に入る必要が出てきます。

また子供がいる場合や子供が産まれた場合は、子供の養育費を考え生命保険の保障額を上乗せしていくことも必要な生命保険の選び方ですね。

収入に負担がかからない程度の生命保険を選ぶ事がポイントになります。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。