生命保険バイブルへ > 生命保険の種類 > 貯蓄を兼ねた生命保険の選び方

貯蓄を兼ねた生命保険の選び方

 生命保険の中には貯蓄型の生命保険があります。
この貯蓄型生命保険とは生命保険の保障と貯蓄が一緒にできる保険になります。

掛け捨ての保険には貯蓄型はありませんが、保険料は、貯蓄型は掛け捨ての保険に比べるとかなり高額な保険料が必要になります。

貯蓄を目的とした生命保険を選ぶのなら養老保険が一番人気が高いです。 養老帆保険の人気の理由は貯蓄が高い事です。

しかし、保険料も当然高額な生命保険になります。

養老保険の場合は保険満期期間内に死亡した場合には、死亡保険金が支払われますが、無事満期を迎えた場合にも同じだけの満期保険金が支払われると言う事です。


養老保険は満期期間が10年や20年40年などいろいろありますので、貯蓄を兼ねて加入する人がほとんどです。

貯蓄と保険が一緒にできるので貯金が出来なかったという事がなくなり確実に貯蓄が出来ます。

万が一の保障もしっかりとしているので安心なのも特徴ですね。

特に、専業主婦などが比較的に短い期間で子供の学費を貯金したい人に人気があるようです。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。